ニュース一覧

防犯性に優れている

作業員

工事費用を把握

セキュリティの観点から、玄関にはインターホンを設置するのが一般的になっています。インターホンを使うことで玄関を開けずに外の人と会話をすることができるでしょう。不審者の侵入や押し売りなどを防ぐ効果が期待できます。またインターホンは音声のみですが、ビデオカメラを付けて相手を確認できるものもあります。インターホンを新設する場合には工事が必要となるでしょう。玄関の前に設置する子機と屋内に設置する親機があり、これらをケーブルによって結ぶことでインターホンが作動します。電源は屋内に取り付ける親機から供給され、家庭用電源を使うか乾電池を利用します。新設する際には、これらの機器を結ぶためのケーブルを新設する工事を行う必要があるでしょう。交換する場合には既存のケーブルを再利用できることもあり、その場合にはインターホンの機器のみ交換するだけで済みます。また、電源にコンセントを使っているものであれば簡単な工事ですので、個人でも行うことも可能です。しかし、直接電気を取っている場合には電気工事士の資格が必要になるでしょう。親機の場所を移動させるといった場合にはケーブルを延長する必要があり、工事期間も延ばす必要があるでしょう。交換だけであれば、本体価格を除いて工事費用は1万円から2万円程度です。一方、インターホンの新設やケーブルの交換といった工事が必要になると、本体価格のほか3万円程度は必要になります。インターホンの本体価格は5千円から1万円程度で売られており、必要最低限の機能であれば4万円以内で取り付けることができるでしょう。

PICK UP

工具

便利な機能が増えています

インターホンの設置工事は購入した店舗で行う場合と購入後に施工業者を選ぶ場合とがあります。業者の選定はネットなどで情報を集め事前に見積もりの段階で詳しく説明してくれる業者を選びます。設置する場所や既存の配線を利用するかなどで費用が変動します。

玄関

危険から身を守る方法

激安のインターホンを選ぶときには予算だけでなく、機能や設置場所を考慮して選択することも気を付けたい点です。自分の欲しい機能がきちんとあるのかを調べてから、購入するようにします。予算内に入るかも考えながら、時間を掛けて選ぶようにします。

インターホン

防犯対策になる

インターホンはサイン式のものを取り付けた方が有効的です。特に防犯対策になるので、古いタイプを使っている家庭では交換を検討してみましょう。お勧めなのはカメラ付きです。さらに録画機能が付いているととても便利です。

作業員

本体購入時に申し込み

インターホンは、機種によっては業者に取り付け工事を依頼しなければなりません。工事は、店舗によっては購入時に申し込むことができます。インターネットショップでも、申し込みが可能です。まずは本体の代金と基本料金のみを支払い、必要となった追加工事の料金は、施工後に改めて支払います。