ニュース一覧

大事な連絡手段を把握

手

壊れたら早急に修理

自宅の内部と外部を繋ぐ通信手段として必需品ともいえるのが、会話が簡単におこなえるインターホンという装置です。壊れてしまうとお客が来たときにドアを叩いてもらうことになるため、早急に修理しなければいけません。しかし、インターホンをあまり使わない方の場合は、性能よりも激安を求める場合もあるでしょう。そのときは、有線ではなく無線で電波を飛ばすタイプのインターホンの購入がオススメです。一般的な線を繋いで利用するタイプのインターホンを購入すると、安くても1万円程度の工事費用がかかってしまいます。しかし、電波を飛ばすタイプなら誰でも取り付けられる構造になっているため、別途工事のために業者を雇う必要はありません。中には強力な粘着テープさえあれば取り付けられる製品もあるため、機械が苦手な方も難なく激安でインターホンを設置できるでしょう。なお、電波タイプの機能に満足できずに、昔からある有線タイプのインターホンを使いたいと考える方もいるはずです。確かに、線で繋いだほうが色々なことができるため、インターホンの利用頻度が高い方は有線タイプが満足できるでしょう。もしも、激安で有線タイプを購入したいのなら、近所のお店とネットショップを比べる必要があります。ネットのほうが激安で本体を購入できますが、工事業者は別途依頼をする必要があります。そして、お店では製品購入と工事依頼がセットになっているため、総額ではネット安くなるケースもあるでしょう。どちらが安いかは地域よって違うため、見積もりをもらって、総額を比べるのが確実です。

PICK UP

工具

便利な機能が増えています

インターホンの設置工事は購入した店舗で行う場合と購入後に施工業者を選ぶ場合とがあります。業者の選定はネットなどで情報を集め事前に見積もりの段階で詳しく説明してくれる業者を選びます。設置する場所や既存の配線を利用するかなどで費用が変動します。

玄関

危険から身を守る方法

激安のインターホンを選ぶときには予算だけでなく、機能や設置場所を考慮して選択することも気を付けたい点です。自分の欲しい機能がきちんとあるのかを調べてから、購入するようにします。予算内に入るかも考えながら、時間を掛けて選ぶようにします。

インターホン

防犯対策になる

インターホンはサイン式のものを取り付けた方が有効的です。特に防犯対策になるので、古いタイプを使っている家庭では交換を検討してみましょう。お勧めなのはカメラ付きです。さらに録画機能が付いているととても便利です。

作業員

本体購入時に申し込み

インターホンは、機種によっては業者に取り付け工事を依頼しなければなりません。工事は、店舗によっては購入時に申し込むことができます。インターネットショップでも、申し込みが可能です。まずは本体の代金と基本料金のみを支払い、必要となった追加工事の料金は、施工後に改めて支払います。