ニュース一覧

防犯対策になる

インターホン

カメラ付きにしよう

どんな家でも、今の時代、インターホンを取り付けているところが多くなっています。インターホンを取り付けていることで防犯対策になるからです。誰かが訪ねてきてもドアを開けることなく対応ができます。場合によっては応答をせず、居留守を使うことも可能です。特にカメラ付きのものなら、相手に返事をすることなく、相手の様子をチェックできるのでとても効率的です。そこで、古いタイプのインターホンを利用している人は防犯対策強化のためにも、カメラ付きの最新のものに交換してみましょう。借家なら当然、大家さんに許可をもらった上で取り付けることになります。また、マンションなどの集合住宅の場合も同様です。持ち家であっても勝手に交換できないところもあるからです。この点を調べた上で専門業者に取り付けに来てもらいましょう。最近はカメラ付きのインターホンを使う家庭が増えてきています。さらに進化したものを利用する家庭も多く、録画機能が付いているものは特に便利です。後で映像をチェックできるからです。場合によっては不審者が映っていることも考えられます。それから、2階建てや3階建ての場合、1階までわざわざ降りるのは大変です。そこで、2階や3階に受信機を取り付ける家庭もあります。2階や3階に居ながらにして対応ができるのは、とても楽です。もちろん、居留守を使うにしてもカメラ付きならその場でチェックできるので、とても効率的です。このように有効活用するためにも最新ものに交換しましょう。

PICK UP

工具

便利な機能が増えています

インターホンの設置工事は購入した店舗で行う場合と購入後に施工業者を選ぶ場合とがあります。業者の選定はネットなどで情報を集め事前に見積もりの段階で詳しく説明してくれる業者を選びます。設置する場所や既存の配線を利用するかなどで費用が変動します。

玄関

危険から身を守る方法

激安のインターホンを選ぶときには予算だけでなく、機能や設置場所を考慮して選択することも気を付けたい点です。自分の欲しい機能がきちんとあるのかを調べてから、購入するようにします。予算内に入るかも考えながら、時間を掛けて選ぶようにします。

インターホン

防犯対策になる

インターホンはサイン式のものを取り付けた方が有効的です。特に防犯対策になるので、古いタイプを使っている家庭では交換を検討してみましょう。お勧めなのはカメラ付きです。さらに録画機能が付いているととても便利です。

作業員

本体購入時に申し込み

インターホンは、機種によっては業者に取り付け工事を依頼しなければなりません。工事は、店舗によっては購入時に申し込むことができます。インターネットショップでも、申し込みが可能です。まずは本体の代金と基本料金のみを支払い、必要となった追加工事の料金は、施工後に改めて支払います。